HOME>特集>和装が叶う神社挙式のメリットやマナーを紹介

神社挙式の特徴

結婚式は華やかな教会式もいいけど、厳かな神前式も憧れる、と思う方も多いのではないでしょうか。日本の伝統的な「神前式」とは、主に神社で挙げる結婚式のことで、基本的に参列者は親族のみとなります。和装派にはもちろん、両家の結び付きを大切にしたい新郎新婦に人気が高いのが特徴です。なお、神社以外に、神殿が併設されたホテルや結婚式場でも神前式を挙げることができます。

伝統ならではの決まりやマナー

神前式本番の進行は、神殿へ向かう際の「参進の儀」から始まり、心身を清めるための「修祓の儀」など、様々な儀式が続きます。馴染みのないことばかりで難しいと感じるかもしれませんが、当日は巫女や介添えがサポートしてくれるため、マナーだけに気を取られることなく、安心して挙式に臨むことができます。

挙式にかかる費用

神前式の挙式費用は、相場がおよそ5万円といわれ、教会式と比較して安いのも魅力です。しかし、挙式費用とは別に衣装代やヘアメイク代がかかってくる場合も多いため、総額が幾らになるのか把握しておく必要があります。また、挙式にあたって神社に納める謝礼として、「玉串料」があります。金額は神社によって異なり、挙式費用に含まれていることもあるため、こちらもよく確認しましょう。

神社で挙げる結婚式のメリット

神前式のメリットは、何と言っても豪華な着物を着ての挙式が叶うことです。美しい和装姿の新郎新婦が神社に映え、良い思い出を残すことができるでしょう。神社での神前式なら、一般の参拝客からも祝福を受けられ、伝統的な挙式スタイルを選んだ夫婦の門出にぴったりです。和装での結婚式に少しでも憧れがあるなら、神前式を挙げることがお勧めです。

広告募集中