日本の伝統的な挙式のスタイルです

神前式

神前式は厳かで格調が高いのが魅力になっており、日本の伝統的な挙式のスタイルです。芸能人などの著名人の間でも、神前式は人気があるので、若い年代の人も関心を持っている人が増えています。結婚式場でも従来の教会スタイルの他に、神前式が行える所が増加しています。基本的には神社や神殿などで行うことが多いです。6月や7月頃は降水量が多いので、全天候型の挙式が出来る所が増加しています。結婚式は大安吉日を希望している人が多いので、早めに予約を入れておく必要があります。神前式は神社に収める初穂料が必要になるため、平均的な相場を知っておく必要があります。日本の結婚式は、家と家が結びつくと考えがあります。

教会挙式に比べると費用が安いです

神前式

神前式は家族などの身内や、親戚、親族などの身近な人で行うことが多いです。教会式の挙式に比べると、招待をする人数が少ないので、費用を抑えたい人にも人気があります。伝統的なスタイルの場合は、女性は白無垢や綿帽子を着用します。男性の場合は紋付の羽織袴を着用します。艶やかで華やかな雰囲気にしたい場合は、黒引き振袖などを着用する人もあります。三々九度の盃を交わして、永遠の愛を誓うことが出来ます。親族間でも盃をかわすことで、両家の絆を深める効果があります。雅楽の音色の中で、神職や巫女に誘導をされて入場をします。基本的な作法は指導をしてくれるので、初めての人も安心出来ます。宗派を問わず利用が出来るので、幅広い年代に人気があります。

着用する衣裳によっても料金が変わります

和婚

神前式は教会挙式に比べると、厳かで落ち着いた雰囲気なので、一生の記念になります。以前は神前式では指輪の交換はしなかったですが、現代は希望をしている人が多いため、指輪交換を行うことが多いです。着用する衣裳の種類によっても多少は料金が違ってきます。白無垢は比較的料金が安いですが、色打掛や黒引き振袖を着用する時は、料金がやや高めになります。一生に一回の結婚式なので、自分の希望に合った衣裳を選ぶことが大事です。地元で評価の高い結婚式場を選ぶと、平均的な相場の料金になっているため、安心して申し込みが出来ます。神前式の儀式が終わった後は、両家で披露宴を行うのが一般的です。結婚式の招待された人は、ご祝儀を渡すタイミングを知っておきたい人が増えています。挙式の会場では、ご祝儀の受付は作っていないことが多いです。披露宴会場の受付で、ご祝儀を手渡すのが一般的です。神前式は古くからの伝統的な結婚式なので、20代から、40代以降の年代にも根強い人気があります。

広告募集中